忍者ブログ
シューティングゲーマー(穏便派)のしょんぼりとした日記。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回はほとんどぎゃざの話です。
最近ぎゃざの話ばっかですが、
ちゃんとSTGもやってますよ~。

今日は立川のレガシー大会に出てきました。
参加者は30人でした。

今回は《台所の嫌がらせ屋》《聖遺の騎士》《梅澤の十手》
の使い勝手を確認するために参加しました。

ワケありで今回使ったデッキの名前は Doran ではなく The Rock でw
以下レポになります~。


1戦目 VS エヴァグリーンタッチ青

エヴァグリーンに青をタッチ、《祖先の幻視》などを投入し、
息切れを防ぐ構成でした。
変わりに《暗黒の儀式》などの加速呪文はナシ。
「序盤に来ないと腐るから」とおっしゃってました。なるほど~。
《破滅的な行為》も投入されてました。殆どロックに近い形かな?


ラウンド1

《トーラックへの賛歌》《シンクホール》でこちらのリソースを削られますが、
《闇の腹心》を引けず、アドバンテージが挽回できない苦しい展開に。
しかし相手のフィニッシャーはきっちりと除去、
相手の手が尽きた隙に《タルモゴイフ》などでビートダウンして勝利できました。

《シンクホール》は日本語訳でもシンクホール。
洞窟の天井部分が崩壊し、穴が現れてくぼんだ地形となった
場所をシンクホールと呼ぶみたいです。
イラストの通りですね。


ラウンド2

1戦目と同じような展開に。
しかも相手は次々に《祖先の幻視》をセットして息切れせず。
《梅澤の十手》でがんばるも圧殺負け。
が、3戦目が終わった後にギャラリーの方から指摘をいただきましたが、
もうちょっと考えてれば勝てた試合だったみたいです。
う~ん、まだまだ修行不足です(;´Д`)


ラウンド3

《闇の腹心》でアドヴァンテージを稼ぎつつ、
相手の決め手は《剣を鍬に》《名誉回復》で除去、
アタッカーの《タルモゴイフ》でごりごり削る、
とロックの理想的な動きで勝利。


1-0-0


 
 
2戦目 VS 相殺独楽タルモ

CTGと呼ばれている、青いデッキの中でも強力な部類に入るデッキです。
《相殺》《師範の占い独楽》が揃えば相手の動きをほぼ封じることができます。
そのスキに《タルモゴイフ》《ロウクスの戦修道士》などでビートダウンして勝利するのです。

そんなことよりも重要なのは、
そのCTGの使い手が前回のAMCで対戦したゆたんぽさんであったことですw
この間はボロ負けしたけどいざリベンジ!


ラウンド1

《相殺》を張られるも、イマイチ噛み合っていなかったようで、
こちらのクリーチャーがどんとん通りました。
体制を整えた後はビートダウンして勝利。

ラウンド2

今度は《相殺》が良い働きをしてほぼロック状態に。
ビクンビクンしているうちにボカスカ殴られて負け。
と言うか《クローサの掌握》をサイドインするのをすっかり忘れてました。
あっても勝てなかったと思いますけど…。

ラウンド3

先手1ターン目の《思考囲い》を《意志の力》で打ち消されます。
これはどう見ても《相殺》があるとしかw
次の自分のターンの返しに張られてラウンド2と同じ末路を辿るのか…と思いきや、
ここで2枚目の《思考囲い》をトップデッキし、《相殺》を捨てさせることに成功。

が、しばらくして2枚目の《相殺》を引かれ、ラウンド2と同じく半ロック状態に。
しかも《タルモゴイフ》やら《ロウクスの戦修道士》がわらわら出てきてピンチに。
一か八かで《破滅的な行為》。《相殺》が誘発しトップデッキは…《火山島》!!!
すぐにX=3で起動し、《相殺》もろともクリーチャー軍を一掃します。
その後はビートダウンして逆転勝利。

1枚目の《相殺》が落とせていなければあっさり負けてたでしょう。
ディードといい、ホントに運が良かった試合でした。


2-0-0


ゆたんぽさんは12月で故郷に帰られてしまうそうです(´・ω・`)
地元のゲーセンには鋳薔薇ブラックレーベルがあるとか。
是非ともやり込んで欲しい!


 
 
 
3戦目 VS スレッショルド

軽量呪文を連発しスレッショルドした《敏捷なマングース》や
大きくなった《タルモゴイフ》で殴り勝ちにいくデッキです。
スレッショルドを早めるためか《留意》まで投入されてました。
《留意》は《渦巻く知識》や《思案》で出てきた無駄カードを処理するのにも使えそうですね。


ラウンド1

相手の決め手は《剣を鍬に》《名誉回復》で除去、
アタッカーの《タルモゴイフ》でごりごり削る、
とロックの理想的な動きで勝利。

ラウンド2

相手の《タルモゴイフ》を《根絶》し勝利手段を減らすも、
マングースたちと睨み合いってジリ貧に。
ここで相手の場に《相殺》《師範の占い独楽》が揃ってしまいます。
もしかして変形サイドボードでCTGになったのかッ!?
そして《ヴェンディリオン3人衆》が止まらず負け。
飛行にはとても弱いのです(´;ω;`)

ここで時間切れで引き分けに…。

2-0-1


 
 
4戦目 VS ランドスティル

低速型のコントロールデッキで、相手の呪文を打ち消しつつ体制を整えていきます。
有名なのは《行き詰まり》とクリーチャー化土地のシナジー。
《世界のるつぼ》+《不毛の大地》、《アカデミーの廃墟》+《仕組まれた爆薬》
のシナジーも搭載されていて、戦いが長引くほど有利になるデッキです。


ラウンド1

序盤、こちらの呪文は《呪文嵌め》《対抗呪文》で妨害される苦しい展開。
中盤でなんとかクリーチャーを並べるも、全てのクリーチャーを最弱化させる鬼畜エンチャント、
《謙虚》を張られてしまい攻撃力激減。タルモ×2、キッチン×2がごみみたいに…。
《謙虚》を壊そうとするもやはり妨害され、
とどめに《遍歴の騎士 エルズペス》が降臨しゲームセット。
 

ラウンド2

1戦目と同じように着々と妨害され、
《アカデミーの廃墟》《仕組まれた爆薬》のエンジンが揃ってしまいます。
ずるずると戦いが長引いてエクストラターン突入。
最後の5ターン目に潔く投了しました。
 


というわけで2-1-1でした。勝ち越しならず!
 

《台所の嫌がらせ屋》は《ロクソドンの教主》のほうがいいかもしれません。
4/4は単純に頼れるし、4マナは《相殺》に引っかかりにくいので。

《聖遺の騎士》は、今回はあまり活躍できませんでしたが、
なかなか出来る子だと思います。

《梅澤の十手》は文句無しの強カード。
マイナス能力と回復能力ばかりに目が行ってましたが、
強化する能力もなかなか使えますね。
2回目のアタックからは4パワーを上乗せでき、火力がぐーんと上がります。
ただ装備品の性質上、クリーチャーがいないと腐ってしまう点には注意ですね。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
さすがに鋳薔薇をやり込む気にはなれない(^ω^;)
今度こそ箱買おうかと思ってるけどデスマや大往生の出来や移植度はどう?
ゆたんぽ 2009/11/14(Sat)23:06:17 編集
無題
箱○のケイブシューは、今のところ黒往生とデススマですね。
黒往生はちょっとアレですが、デススマはケイブ自ら移植しただけあって納得の出来ですよ。
もうすぐ出るふたりもケイブが移植するので期待していいと思います。
黒往生も、普通に遊ぶぶんには今のままでもOKかと。
そろそろ公式から不具合(バグ?)解消パッチが出ると思いますけどね。


問題は未だに発売日未定のケツイです…。
個人的に一番移植を期待してたゲームなので、どうなってるか気になりますね~。
やっし 2009/11/15(Sun)18:44:31 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
やっし
性別:
男性
職業:
ただのCAVE脳(重度)
趣味:
ゲーム、小旅行
自己紹介:
 
STGの更なる繁栄と発展を願って


私の戦績などはこちら
カレンダー
03 2019/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30



みんな仲良く押すんだぜ…
最新コメント
[03/05 URA]
[08/22 タテハ]
[08/20 通りすがり]
[05/31 犬臣]
[08/27 タテハ]
[08/26 やっし]
[08/03 やっし]
[07/31 犬臣]
[07/30 KENO]
[07/30 タテハ]
ブログ内検索
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]