忍者ブログ
シューティングゲーマー(穏便派)のしょんぼりとした日記。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日はぎゃざの話オンリーです。

The Rockみたいなデッキをそこそこ長く使っているので、
ロック系でよく見かけるクリーチャーについてレビューしてみます。
1ミリくらいは参考になる…かも?




・極楽鳥

何度もお世話になっているクリーチャー。
昔はトップレアの1枚でしたが、今ではそれなりに安く買えます。
序盤のマナブースト、陰謀団式療法のフラッシュバック代、
ドランがいれば1点クロッカーになったりと獅子奮迅(?)の活躍。
ロック系デッキと言えばコレ!と思ってるクリーチャーの1つです。
飛行持ちなのでレイジ様の猛攻を1ターン凌げるゾ。
ただし今は《貴族の教主》がいるので、黒・赤マナが要らないんだったら
あっちのほうがいいかもしれません。


 
・闇の腹心

本当に2マナでいいの?と問い詰めたくなる程優秀なアドバーンテージ源。
とくに《師範の占い独楽》とコンボするとヘブン状態になれます。
アップキープの能力は自分の経験上、気合を込めてめくると土地である可能性が高いです。
黒いデッキなら是非とも採用したいクリーチャーですが、
《墓忍び》などと一緒に入れるならご利用は計画的に。
パワー2なのでダメージ源としても使えるのが嬉しいですね。
ただしドランがいるとパワー1になってしまうので注意です。

複数同時に出すのは結構な死亡フラグ。
けどやっちゃう(ビクビク
 
 


・たるもっも
 
こう書くと可愛く見えるから不思議。
百獣の王ならぬ百クリーチャーの王、《タルモゴイフ》です。
とにかく強いです。バニラとか関係なく。
どれくらい強いかは他所で散々言及されているので、敢えてここでは解説しまい。
べ、別にめんどくさいわけじゃないんだからね!

自分は新しいデッキを組む際、
ダメージ源のクリーチャー、勝ちに行くクリーチャーを
色々と試行錯誤するわけですが、どう考えても
「もうタルモで殴ってりゃ勝てるんじゃね?」
という結論に辿り着くまでにw

欠点はとにかく値段が高いこと。
けどレガシーやるなら「とりあえず」持っておいても損はしません。。
収録が未来予知なので、いつかひょっこりと再録されるかもしれませんね。
ドランがいるとパワーが1コだけ上がります。
 
 

・クァーサルの群れ魔道師

自分は《名誉回復》派なのでレガシーではあまり使ったことはないんですが、
スタンダードではよく使っていました。
賛美持ちなのでレガシーで起こりがちな「タルモ同士の睨み合い」を打開してくれるナイスガイ。
レガシーでは強力なエンチャント・アーティファクトが多いので、
それらを無色1マナで壊せるのもポイントが高いです。
とにかく無駄になりにくいクリーチャー、というイメージです。
 
 


・永遠の証人

優秀なアドバンテージ源クリーチャー第2弾!
3マナで墓地の好きなカード回収+パワー2のクリーチャー付き!お買い得物件です。
4マナある状態で召還→残った1マナで《剣を鍬に》…というパターンをよく使っていました。
こちらも無駄になりにくいクリーチャーです。
ロック系に限らず、緑が濃い中速↑デッキならとりあえず採用していいと思います。
欠点はダブルシンボルであることとドランがいるとパワー1になってしまう点。
《不毛の大地》などでマナ基板を攻められると手札内でニートになってしまうことも…。


 
今回はこの5体で。
それではまた今度~。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
やっし
性別:
男性
職業:
ただのCAVE脳(重度)
趣味:
ゲーム、小旅行
自己紹介:
 
STGの更なる繁栄と発展を願って


私の戦績などはこちら
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



みんな仲良く押すんだぜ…
最新コメント
[03/05 URA]
[08/22 タテハ]
[08/20 通りすがり]
[05/31 犬臣]
[08/27 タテハ]
[08/26 やっし]
[08/03 やっし]
[07/31 犬臣]
[07/30 KENO]
[07/30 タテハ]
ブログ内検索
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]